カート

0円 (税込)

カートの中を見る
商品IDで探す

花の音の新送料に関するご案内とお詫び


▼ 新送料に関するご案内 ▼




   

おうち収穫祭のススメ

実付き柑橘 各種

2800円~

  

 

庭で育てられる洋ラン

ガーデニング蘭

2500円

  

 

四季を映す伝統工芸

津軽びいどろ

2700円~

  

 

不動の人気商品

赤塚培養土 28L入り

1000円

  

 



2019年発売タイタンビカスを全国の公園に植えていただきましたキャンペーン|花の音|赤塚植物園

2019年発売タイタンキャンペーン


タイタンビカスの新種栽培モニター|花の音|赤塚植物園

2018年発売タイタンキャンペーン


タイタンビカスの育て方
タイタンビカスの品種比較
タイタンビカスの冬越し
タイタンビカスの株分け タイタンビカスに集まる害虫




商品カテゴリ








はなのね(花の音)TOPページへ

花の音 コンテンツ まとめ

その他

11件の商品がございます。
ずつ表示
猫好きさん必見! ネコのお酒の苗(シソ科イヌハッカ属) 
[ネコ好きにお勧め!|ネコのお酒]
ネコが大好きでたまらないお酒のような植物です。マタタビほど刺激が強くありませんので、猫がとっても喜びます。
¥ 780
★次世代ネズミ逃鼠剤 ラットバリア
ネズミの本能的な恐怖臭でネズミをしつけて追い出し侵入を防止します。
¥ 1,490
通常価格: ¥ 2,980
日本ミツバチ採集用巣箱(焼き入り) ・蜜蝋セット
この巣箱は、長年、日本みつばちを採集し、養蜂を行ってこられた専門家自身が手作りで作り上げてきた経験や知識を元に、木工材加工の専門家が製作した巣箱です。
¥ 17,000
日本蜜蜂用待ち箱 ①天板と蓋
天板は、もっとも重要でミツバチが営巣する際に一番最初に巣を作り始める場所にあたります。
¥ 2,000

日本蜜蜂用待ち箱 ③中段重箱と帯
中段の重箱には、内側に十字に張られた金属製の支柱がはいっており、夏の高温時などの巣落ちを防止します。
¥ 4,800
日本蜜蜂用待ち箱 ④下段重箱(開閉機能つき) 
前面に取り付けられている板が開閉式になっています。
¥ 4,800
日本蜜蜂用待ち箱 ⑤底板(引き出し機能つき) 
引き出し機能を備えた、重箱式待ち箱の最下層の底板です。
¥ 3,000
アミラン面布
[日本ミツバチ用グッズ|面布|必需品]
養蜂を行う上で、必ず必要なものがこの面布です。
¥ 1,260

日本ミツバチの蜜蝋5g
数量限定!!
¥ 500
ダイアリーポット
[インテリア|ダイアリーポット]
アレンジ自在!ブロックをコロコロまわして日付を変えられます。
¥ 2,800
★夜のお庭も可愛く!電球型ソーラーイルミネーション[ミニ]
[ソーラーライ|ガーデン用|イルミネーション]
ちょっとお洒落に何気ない癒しを!夜のお庭のメークアップをしましょう!
¥ 500
通常価格: ¥ 1,000
11件の商品がございます。
     

はなのね新着アイテム

鈴鹿の森庭園コラボ 国産タオル(伊勢型紙×おぼろタオル×鈴鹿の森) 子供用 アニマルプリント傘 ネコ(サバトラ) esschert design 子供用 アニマルプリント傘 ネコ(茶トラ) esschert design 子供用 アニマルプリント傘 イヌ(茶) esschert design
鈴鹿の森庭園コラボ 国産タオル(伊勢型紙×おぼろタオル×鈴鹿の森) 子供用 アニマルプリント傘 ネコ(サバトラ) esschert design 子供用 アニマルプリント傘 ネコ(茶トラ) esschert design 子供用 アニマルプリント傘 イヌ(茶) esschert design



花の音|商品カテゴリー各種


レモン|ピンクレモネード|フィランソスタイル|実付き|果樹|柑橘 希少!斑入りピンクレモネード(実付き)
[9月中旬発送予定]
葉や実に白から黄色のキレイな斑が入る特別な柑橘です。また、果実は、香り豊かで淡いピンク色に染まります。実つき柑橘類の新しい企画商品です。
柑橘|実付き果物|果樹|みかん 実付き柑橘 各種
[8月中旬以降出荷]
毎年人気の実付き柑橘、今年も受付スタートです!7号のしっかりした鉢に、実のついている状態でお届けします。大実キンカンのみ9月上旬出荷です。
芍薬|美人|宿根草 芍薬 各種
[11月下旬以降出荷]
毎年恒例人気の芍薬予約会、今年は新品種3種を含めた美人揃いの18種類が登場です! 鉢植えでお届けして、春にそのままお花が楽しめます。
アスパラガス|毎年収穫|宿根草 アスパラガス 特々大株&ウルトラジャンボ株
[12月中旬以降出荷]
一度植えつければ毎年収穫できるアスパラガスは、畑の財産とも言われています。早春にかけて植え付けて、直近の初夏から収穫が可能なしっかりと生育した株をお届けします!

 
 
このページのTOPへ